山陰海岸ジオパーク 岩美キッズトライアスロン 全国大会

保護者の方へ

保護者の方へ

トレーニング、休養そして栄養!

スポーツ選手にとって食事は大事な要素です。
栄養競技力向上のためには、トレーニングは重要です。しかし、それだけで競技力が上がるわけではありません。特に、小学校の成長期の子供達にとって過度のトレーニングは正常な成長を阻害し、それに伴いトレーニングをしたにも係わらず結果が出ないことがよくあります。トレーニングと同様、身体のメンテナンスのための休養が重要な要素であることは、今日ではよく知られるようになってきました。それと同様に、栄養も重要な要素であることはまだ認識が薄いのは残念なことです。最近ファーストフードに対してスローフードという言葉をよく耳にするようになってきました。炭水化物や脂質を中心にしたファーストフードに対してタンパク質や体のバランスを調節してくれるミネラルをしっかり摂取するための食事がスローフードです。トレーニングでスキルと筋力を身につけてもそれを動かす良質のエネルギーを摂取しないと本来のパフォーマンスは発揮できません。言い換えれば自動車のF1レースにでる高性能な車のエンジンに粗悪なガソリンをいれて走るようなもので、エンジンの最高の力を出すことは出来ないのと同様です。
共働き家庭の増加で家事に費やす時間が少ない状況の中で、成長期の子供達に簡単に良質な栄養を提供するためのレシピが詰まった本を今回ご紹介します。
それはベースボールマガジン社の「子供をスポーツ選手にする料理」監修/小澤礼子(管理栄養士)定価1,200円です。
具体的なメニューや個別の食物の性質などが分かり易く解説してありますので、毎日の食事に応用できると思います。

私の個人的な意見とすれば、魚料理が少ないのが少し気になったのですが、基本的なところは大変参考になると思います。
是非参考にしてみてください。