山陰海岸ジオパーク 岩美キッズトライアスロン 全国大会

保護者の方へ

保護者の方へ

保護者のみなさんへ

「お疲れさん!頑張ったね!」と言ってあげることが大切です。
保護者のみなさんへ何かのために一生懸命頑張っている子供達の姿は、みな美しく見ている者へ感動を与えてくれます。
応援しているはずの私たち大人が頑張るエネルギーを受けることがあります。子供達は、それぞれ表現できる最大の努力をそのとき発しています。

周囲からもっと頑張れるのに・・と考えるのは、大人の希望であって子供達は間違いなく一生懸命頑張っているのです。練習の時はもっと速かったのにとか思っても子供の心と体のバランスは非常に繊細なものです。
大会で最高のパフォーマンスを発揮することは非常に難しい事なのです。自分の能力を発揮する方法を知らないだけで、成長に従って必ず理解できるものなのです。

満足できない結果となっても決して「ダメじゃないの!」とか「もっと頑張りなさい!」なんて言わないでください。完走した選手はレースを捨てることなく完走という目的を達成したのです。努力を認めてあげてください。「お疲れさん!頑張ったね!」この一言は子供にとって自分の努力を認めてくれた最高の評価なのです。
親である保護者の一言で子供は結果の如何に関わらず認められたことを自覚するのです。