山陰海岸ジオパーク 岩美キッズトライアスロン 全国大会

保護者の方へ

保護者の方へ

熱中症予防のために

予防のための基礎知識です。水分補給と休養をお忘れなく!
人間の体は体温を一定に保つために汗をかいて体温調整を行いますが、暑い環境の中に長時間いたり激しい運動を長時間続けると大量の汗とともに体から水分と体のバランスをとるためのミネラル分が大量に失われます。そうすると体温調整ができなくなり体温が上がり意識かもうろうとしてしてきます。
軽度でありば気分が悪くなったりするくらいですみますが、最悪の場合は、生命の危険まで出てきます。
第5回大会でも数人の選手がゴール後、メディカルで処置を受けていました。幸いにしてみんな軽度だったため休んだ後は、回復しました。

熱中症は、単に気温が高いときに起きるだけでなく色々な要因が重なって起きるものです。
ここでは基本的な事柄を挙げてみます。
①気象条件(気温、湿度)…気温が30度を超してきたり湿度が高くなると発生する可能性は非常に高くなります。
②疲労…からだが疲れていると自然条件に対応する能力が低下してきますので気をつけなければなりません。特に大会当日は普段より早く起床する場合があります。前の夜は普段より早めに床に入りしっかりと睡眠をとることは不可欠です。
③水分補給…一度に大量の水分をとるのではなく、一口ずつ長時間に分けて摂ることが大事です。また、失われるミネラル分を補給するためにバランスのとれたスポーツ飲料などがおすすめです。(保護者の皆さんへの「水分補給」参照)

気分が悪くなったときは、早めに風通しの良い日陰や屋内で水分補給しながら休みましょう。必要であれば頭や首、腋などを氷で冷やして体温を下げてやりましょう。

大人と違い子供達は自分自身で体調をコントロールすることは難しいものです。周囲の人たちのしっかりとしたサポートが重要です。

熱中症について分かり易く解説しているホームページをご紹介しておきます。

「熱中症情報」…日本気象協会
  http://www.n-tenki.jp/HeatDisorder/
「熱中症を防ごう」…日本体育協会
  http://www.japan-sports.or.jp/medicine/guidebook1.html
「熱中症のホームページ」
  http://www.heat.gr.jp/